2018年6月ハワイ社員旅行2

日目続き
シェラトンプリンセスカイウラニにチェックイン。

それほどホテルランク高くないのは理解してますし、
まして部屋指定なしの団体旅行なので、低層階の一番スタンダードな部屋だし、
期待はそれほどしていなかったので、
スリッパがないのは想定内でしたが、
画像
はい、ここ。ちょっと違和感ありませんか?
画像
そうです、紙コップです。
ホットドリンク用に、マグカップでもコーヒーカップでもティーカップでもなく、
紙コップです。それも1人1つ。
え?じゃあ2杯飲む場合は、紙コップで再利用するの?
マジか!

で、冷たいもの用はプラコップです。しかもベコベコの柔らかいやつ。
画像
歯磨き用に洗面台に用意されてたのもプラコップ。
ビックリする。なんかビックリする。
使い捨てのコップにすることが経費削減になるんですかね?

部屋は普通です。
画像
画像
お風呂は狭いです。
画像
テレビや冷蔵庫はちょっと小さめです。
HDMIでPCつないでDVD見ようと思ったら、
テレビのリモコンに入力を切り替えるボタンがなく、外部入力を選べませんでした

で、とっととシャワー浴びて、着替えてディナーです。
予約したのはワイキキビーチウォーク内のルースズクリス
個室を予約して、コース料理と乾杯のシャンパンだけメールでオーダーしておきました。
画像
4人分のパン。
画像
1人分(!)のサラダ。
画像
4人分。シイタケの肉詰めみたいなかんじ。
画像
コースに追加しといたオニオングラタンスープ。
デカイ!うまい!もうお腹いっぱい!
画像
乾杯以降シャンパン飲む人が少なかったようで、
グラスが空きかけるとすぐにシャンパンが追加され、
このへんでようやく赤ワインへ。何人かで飲むのですぐ空に。
画像
メインのフィレ。
画像
副菜は4人分が大皿に。
画像
デザートはアイス。コーヒーを断って紅茶をお願いしたら、
選んだわけでもないのに人によって違う茶葉でした。
私はなぜかカモミールだった。いや、紅茶頼んでカモミールって・・・
嫌いじゃないからいいんだけど。

移動疲れもあり、早めに寝ました。


日目
画像
ホテル朝食。
最近、朝は果物とヨーグルトのみにしているので、ハワイでも同じに。
ヨーグルトにかかってるのは大麦若葉粉末です。
同じ食生活のおかげか、旅行中もずっとお通じ良かったです。

特に何も決めずにハワイまで来てしまったので、
トロリーの路線図を見ながら、とりあえずダイヤモンドヘッドは行ってみようかってことに。
行ったことないけど一応登山だろうからスニーカーにして、
念のためお水のペットボトルや汗拭きシートも持って、
画像
モアナサーフライダー前のバスストップで待ちます。
全然時間通りになんか来ませんが、まあ待ってればそのうち来ます。
バスで20分くらいでダイヤモンドヘッドクレーター内に到着。
入場料を払って中に入ると、広い公園みたいなかんじに整備されてました。
画像
登山道へ向かう道は、ちょっと尾瀬みたいな避暑地みたいなかんじで、
あ、やっぱり観光地なんだなーって一瞬思ったんですが、
日本の観光登山の山と違って、岩山っていうのか、すごくゴツゴツしてまして、
日頃の運動不足も祟って、ものすごく大変でした。足がガクガクで。
男女で登るっていうのもキツイですね。ここは同性同士の方がいいかな。
踊り場的に景色のいいところが出てきて、
画像
私、もうここで十分ですけどね。水持ってきてて良かった。

もう無理だって思い始めたところで、T字路に当たり、
「右は急な階段、左は緩やかです」という選択肢が出てくるんですが、
順路的には右らしいけど、私はもう絶対に左だって思ったのに、
うちのは「いや、絶対右でしょ」と言い張り、さっさと登り始めてしまったので、
仕方なく、もう本当に殺そうかと思いましたが、仕方なく急な階段へ。
もうね、辛すぎて途中途中の写真なんか全然撮ってないです。
休み休みで登りきって、もう本当に勘弁してほしいって思ったのに、
進んだらそこには更に錆び錆びのらせん階段がー。
らせん階段上がったら、ようやくトップです。
画像
海キレイね。キレイなんだけどね。
1度来れば十分ですね。ここからまた下るのかと思うとね。
腰痛持ちなので、下りの方がキツイってとこもあるしね。
画像
ケーブルカーがあるといいなー。びゅーっと頂上までの。

下りたら疲れ果てたので、
画像
カキ氷を食べました。ライム&レモン。食べかけです。
日本でカキ氷食べたいとはあまり思いませんが、
この環境下ではものすごく美味しく感じました。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック